写真素材サイトまとめ

このサイトは写真素材サイトをまとめたサイトです。現在ネット上にはたくさんの写真素材サイトがありますが、その中で実際に使えるサイトはそう多くありません。また使えるサイトでもどのような用途で使うかは異なります。

そこでこのサイトは数多くの写真素材サイトの中から使えるサイトを厳選し、更にどのような用途で使うかを整理しています。写真素材探しのインデックスページとしてご活用下さい。

目次&まとめ

掲載している全てのサイトの写真素材は商用利用可能です。また、「クレジット必要」以外のサイトはクレジット表記(リンク)も不要です。

「人物」は人物の写真素材、「風景」は人工物も含めた風景の写真素材、「イメージ」は写真自体が作品として成り立つような写真素材を指しています。また一部サイトについている★マークは特におすすめのサイトであることを表しています。

なお、いくつかの有料写真素材サイトに関してはアフィリエイトプログラムを使っていますが、それによって評価を変えることはしていません。アフィリエイト報酬は今後のサイトの充実化につながりますが、気に入らないという方は検索エンジンなどから公式サイトにアクセスして下さい。

海外ハイクオリティー→イメージ

Unsplash写真素材

Photo by Unsplash

最近海外では、主に個人もしくは小規模集団によるプロジェクトとして無料かつ高品質な写真素材を提供しているサイトが生まれてきています。無料の写真素材サイトとしてはまずこれらのサイトがおすすめです。

この手のサイトで一番有名なのはUnsplashでしょう。質・量ともに他のサイトよりも一歩抜き出ていると思います。似たようなサイトにはGratisographyLittle VisualsPicjumboがあります。

また変わり種として、Free Refe Mobile Photosというモバイルで撮られた写真のみに限定したフリー写真素材サイトもあります。さらに(これまでの流れとはちょっと違うかもしれませんが)New Old Stockというパブリックドメインの写真の中で高品質な写真のみを収集しているサイトもあります。

これらのサイトは写真の数は少ないので、検索して見つけるというよりも眺めて見つけるという見つけ方になります(そもそも検索機能を用意していないサイトが多いです)。

これらのサイトには商業的な写真素材への反発があります。そのため「女性がOKマークを出している」といった写真はありません。そのかわり、より「本当らしい」写真を手に入れることができます。そしてなにより高級ストックフォトにも匹敵する写真としてのクオリティーがあります。

また、クレジット不要であるだけでなく、CC0というほぼ著作権放棄のようなクレジットを適用しているサイトもあります(Unsplash・Gratisography・Little VisualsがCC0。New Old Stockはパブリックドメイン)。したがって理論的には再配布も可能です。もちろんそのまま再配布するというケースはないでしょうが、例えばデモデータとして配布することも可能なので利用範囲が広いです。

国内フリー写真素材→人物・風景

ぱくたそ写真素材

Photo by ぱくたそ

ここでは国内の使えるフリー写真素材サイトを紹介します。なお、よくあるブログのまとめ記事では国内のフリー写真素材サイトが大量に紹介されていることがありますが、実際に使えるサイトはほとんど無いというのが私の実感です。特にモデルの質が重要になる人物素材に関しては無料と有料で圧倒的な差があるため、基本的には有料素材をおすすめします。

まず紹介するのは写真ACです。ここは全て無料の写真素材サイトですが、有料の写真素材サイトのような構成をしており人物写真もあります。さすがに有料の写真素材サイトと比べると写真の質は落ちますが、フリーの写真素材サイトとしては比較的質を保っているサイトだと思います。風景写真もかなりの枚数があるため風景写真の写真素材サイトとしても使えます。

次に紹介するのはぱくたそです。ぱくたそは今日本で一番勢いのあるフリー写真素材サイトだと思います。無料の写真素材サイトとしては質も高く、撮影の作り込みに関しては有料レベルだと思います。ただし人物写真は全体的にネタのような雰囲気があるため、真面目なサイトで使うのは難しいでしょう。

海外フリー写真素材→人物(外国人)・風景・イメージ

ここでは海外の使えるフリー写真素材サイトを紹介します。海外にはフリー写真素材サイトが大量に存在しますが、国内同様使えるサイトはほとんど無いというのが私の実感です。ただしPixabayに関してはかなり使えます。なお、人物に関しては当然ながら外国人がほとんどになります。

まず紹介するのはPixabayです。ここはCC0のみの写真を集めたフリー写真素材サイトです。フリー写真素材サイトとしては後発ですが丁寧に運営されており、この手のサイトでは一番使えるサイトになっています。

次に紹介するのはmorgueFileです。ここはおそらく世界で2番目に大きいフリー写真素材サイトです。世界中のユーザーがアップした写真が30万枚以上あり、風景写真に関してはかなり充実しています。ただしクオリティーはバラバラです。

ちなみに世界で1番大きいフリー写真素材サイトはfreeimages(元stock.xchng)だと思いますが、こちらは登録が必要だったりクレジット表記が必要な写真があったりと面倒なのでおすすめしません。

クレジット必要→人物(外国人)・風景・イメージ

クレジット表記(リンク)をしてもいいのであれば、Flickrのクリエイティブ・コモンズ写真も写真素材としてかなり使えます。写真の量は改変可・商用可の写真に絞っても5000万枚以上と圧倒的ですし、写真好きが集まるサイトだけあっていい写真も多いです。なお、人物に関しては外国人がほとんどになります。

また、Flickrのクリエイティブ・コモンズ写真のうち、特にいい写真をジャンルごとに集めたIM Freeというサイトもあります。具体的な人物・風景写真ではなくイメージ写真を見つけたい場合はこちらを先に見るのもいいと思います。

格安ストックフォト→人物・風景

Fotolia写真素材

Photo by Fotolia

後半は有料の写真素材サイトを紹介します。「有料」というだけで避ける人も多いですが、フリー写真素材を探す手間を考えると買ってしまった方が得ということも多いです。特に人物素材が欲しいときは基本的には有料素材をおすすめします。

ここでは格安ストックフォトサイトを紹介します。これらはいわゆる商業的な写真素材サイトです。

格安ストックフォトサイトではまずはFotoliaが鉄板です。価格が実質185円からと、他のサイトよりも圧倒的に安く買うことができます。他のサイトで売られている写真がより安く売られていることもあります。したがって格安の写真素材を探すときにはまずはここから探すのがおすすめです。

次の候補はPIXTAが有力になるでしょう。Sサイズの写真が無いことが多いため実質1,620円からとずいぶん高くなりますが、Fotoliaよりも日本人の写真が多くまたクオリティーもやや高いです。

さらなる候補では素材辞典.NETでしょうか。こちらは実質317円からとかなり安いです。また他の格安ストックフォトとは違い基本的に自社撮影のため、他のサイトと被らない写真があります。ただし写真のテイストはちょっと野暮ったい印象があります。

高級ストックフォト→人物・風景・イメージ

Stocksy写真素材

Photo by Stocksy

ここでは高級ストックフォトサイトを紹介します。格安ストックフォトでは価格が重要となりましたが、こちらは価格は気にせずとにかく高品質の写真素材が欲しい場合の選択肢となります。

高級ストックフォトサイトではまずはアマナイメージズが鉄板です。価格は1枚1万円からと非常に高いですが、その分写真の質も高いです。特にモデルの質が高く、美男美女ばかりです。また、風景写真に関しても1枚で訴えてくるような写真があります。

最後に紹介したいのはStocksyです。こちらは2012年に設立された新興のストックフォトサイトです。商業的な写真を排し、よりリアルな写真素材を販売しています。まだ写真の数は少ないですが、どれも現代的ないい写真ばかりです。また価格が10ドルからとお手頃なのもポイントです。サイトは日本語対応しておらず、写真も日本のサイトで使うのは難しいかもしれませんが、取り組みとしても面白いので個人的に注目しています。